「冬の色」の歌詞 山口百恵

1974/12/10 リリース
作詞
千家和也
作曲
都倉俊一
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたからゆるされた
口紅くちべにいろ
からたちのはなよりも
うすにおいです
くちづけもかわさない
きよらかなこい
ひとからは不自然ふしぜん
えるのでしょうか
いつでもあなたが
かなしいとき
わたしもどこかでいてます
こいする気持きもちうたがいなんて
はいれる隙間すきま
ありません
あなたならなかのいい
友達ともだちにさえも
微笑ほほえんで紹介しょうかい
出来できわたしです

あなたからいただいた
手紙てがみなか
さりげない愛情あいじょう
かんじられました
しあわせのほしくない
ぜいたくなこい
なかにめずらしい
ことなのでしょうか
突然とつぜんあなたが
んだりしたら
わたしもすぐあとを
うでしょう
こいする気持きもち
ためらいなんて
かんじる時間じかんはありません
あなたならほか
あそんでるとこを
つけてもつことが
出来できわたしです