1. 初恋のひと歌詞

「初恋のひと」の歌詞 山口百恵

1973/12/21 リリース
作詞
有馬三恵子
作曲
鈴木淳
文字サイズ
よみがな
hidden
そよかぜみたいにしのぶ あのひとはもう
わたしことなど みんなわすれたかしら
のばらをいつも 両手りょうていて
あさ窓辺まどべとどけてれた
何故なぜだかえなくなって こいしいひとなの

むぎわら帽子ぼうしのような においをさせて
わたし海辺うみべへつれて はしったひと
ひかりなかを もつれるように
はずんだむねあつかったわね
ゆかしがってもとおゆめひとなの

小麦色こむぎいろした あの笑顔えがお
私一人わたしひとりっているのに
いまならこいだとかる はるかなひとなの