1. 太陽の友達歌詞

「太陽の友達」の歌詞 山口百恵

1974/6/1 リリース
作詞
千家和也
作曲
都倉俊一
文字サイズ
よみがな
hidden
おおきなひともいいわ
ちいさなひともいいわ
ひとなつだけのみじかこいだから
相手あいてのひと見較みくらべる

あぶないひともいいわ
やさしいひともいいわ
太陽たいようあかく 背中せなかにふりそそぐ
水着みずぎのあとしろ
おとこたち あつ眼差まなざしをげるの
でもわたしには むね奥深おくふか
めてるひとがいる

おんなにはきっと
なにかがこる季節きせつ
おもいもよらぬなにかがっている
夏休なつやすみがこわ

大人おとなのひともいいわ
いけないひともいいわ
ひとなつだけの綺麗きれいこいだから
相手あいてのひと大事だいじなの

真面目まじめなひともいいわ
うそつくひともいいわ
せてはかえ浜辺はまべなみしぶき
シャボンだまにかわる
おとこたち れた指先ゆびさきさそうの
でもわたしには すべてまかせてる
ひとりのひとがいる

おんなにはきっと
なにかがこる季節きせつ
おもいもよらぬなにかがっている
夏休なつやすみがこわ