1. 惜春通り歌詞

「惜春通り」の歌詞 山口百恵

1978/12/21 リリース
作詞
石丸博
作曲
川口真
文字サイズ
よみがな
hidden
突然とつぜんかたかれさむゆびがわたしをつつ
稲妻いなずまのひかる夕空ゆうぞらくらくもながれてる
惜春せきしゅんどおりでは 花屋はなやのスミレもれて
惜春せきしゅんどおりでは わかれにうひとよ
わすれないでとも
どこにいてもやさしいあい
日溜ひだまりをあるいた学生達がくせいたち街角まちかど
ごきげんよう

突然とつぜんあめ樹々きぎみどりえてあたたかくなる
そよかぜのひかる夕空ゆうぞらしろくもながれてる
惜春せきしゅんどおりでは 制服せいふくちか
惜春せきしゅんどおりでは わかれにうひとよ
手紙てがみくといた
かれんだひとみむね
日溜ひだまりをあるこう青春せいしゅんたち街角まちかど
ごきげんよう

わすれないでとも
どこにいてもやさしいあい
日溜ひだまりをあるいた学生達がくせいたち街角まちかど
ごきげんよう