1. 春に吹かれて歌詞

「春に吹かれて」の歌詞 山口百恵

1977/4/1 リリース
作詞
阿木燿子
作曲
宇崎竜童
文字サイズ
よみがな
hidden
あたらしいドレスのこと
一言ひとこときもしないで いきなり
反射はんしゃ神経しんけいゼロなんて ひどすぎるわ

入口いりぐちのガラスのとびらにぶつかったのは
みがかれた 季節きせつのせいなのよ

こえばかりおーきなひと
はるかれて はるかれて
どこかへきましょうか
身軽みがるなとこは わたしのいいとこ

あるときうでをかして
くれるわけでもないくせに まるで
運動神経うんどうしんけいゼロなんてばかにしてる

足許あしもとちいさな小石こいしにつまづいたのは
タンポポよけて あるいたせいなのよ

ばかりおーきなひと
はるかれて はるかれて
どこかへきましょうか
素足すあし気分きぶん 今日きょうのいいとこ

たびくもくえ
っていくわたしのことを ひどく
方向ほうこう感覚かんかくゼロなんてわらわないで

こころごと手繰たぐりせられるいとつよさを
かぜおそれて よこくせいなのよ

ゆめばかりおーきなひと
はるかれて はるかれて
どこかへきましょうか
うつろいやすさ わかさのいいとこ