1. 水鏡歌詞

「水鏡」の歌詞 山口百恵

1978/9/1 リリース
作詞
丸山圭子
作曲
丸山圭子
文字サイズ
よみがな
hidden
くちしてはいけないこと
かくしきれずにってしまった
だまったままえようとした
あきってはくれなかった

"いもうとみたいだ"って
ってくれたあなたのやさしさ
つかみきれないかげのように
背中せなかごしに微笑ほほえんでいた

とおあめがこぼれてできた水鏡みずかがみ
りそえないかなしみをうつ
なみだ ひとつぶ こぼれて ゆれて
きざみこまれたみず こころのこ

あなたをいかけて
人影ひとかげをさまよった
あなたに似合にあうあのひと
まぶたのうらきついてる

わたしからおねがいして
せがんだせつないくちづけ
つめたいあめえたまま
ただきながらしがみついた

とおあめがこぼれてできた水鏡みずかがみ
りそえないかなしみをうつ
なみだ ひとつぶ こぼれて ゆれて
きざみこまれたみず こころのこ