「琥珀の季節」の歌詞 山口百恵

1980/10/21 リリース
作詞
うさみかつみ
作曲
荻田光雄
文字サイズ
よみがな
hidden
なぞめいたそのひとの
わたしにはうみえていたの
こころせるなみ
ふかいうねりにさらわれてしまったの

目覚めざめたとき
あわひかりつぶ Ah ふたりをつつむ
にはみえない はだかんじるいろ
Ah 琥珀こはく季節とき

ぶつかるあのなみはげしさで
このままきしめてしいの
ふたつのたましいがって
たがいにびあって宇宙うちゅうのぼってゆく

あたたかなそのひとの
ぎたなみだのあとして
むねのすきまあつかぜたしてくれる
ふりむいちゃいけないと

あい未来みらいかぎ
ゆめとびらけ Ah ふたりできる
たったひとつのわることないあい
Ah 琥珀こはく季節とき

てない憶憬あこがれいかけて
このままってしいの
ふたつのたましいがって
たがいにびあって宇宙うちゅうのぼってゆく

てない憶憬あこがれいかけて
このままってしいの
ふたつのたましいがって
たがいにびあって宇宙うちゅうのぼってゆく