「秋桜」の歌詞 山口百恵

1977/10/1 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
淡紅うすべに秋桜コスモス
あき
何気なにげない陽溜ひだまりに
れている
此頃このごろ 涙脆なみだもろくなったはは
庭先にわさきでひとつせきをする
縁側えんがわでアルバムを
ひらいては
わたしおさな
おも
何度なんどおなはなしくりかえす
独言ひとりごとみたいにちいさなこえ
こんな小春日和こはるびより
おだやかな
あなたのやさしさが
みて
明日嫁あしたとつわたし
苦労くろうはしても
わらばなしときえるよ
心配しんぱいいらないとわらった

あれこれとおも
たどったら
いつのもひとりでは
なかったと
今更乍いまさらなが我侭わがままわたし
くちびるかんでいます
明日あしたへの荷造にづくりに
りて
しばらくはたの
いたけれど
突然涙とつぜんなみだこぼし元気げんきでと
何度なんど何度なんど
くりかえすはは
ありがとうの言葉ことば
かみしめながら
きてみますわたしなりに
こんな小春日和こはるびより
おだやかな
もうすこしあなたの子供こども
いさせてください