1. 赤い運命歌詞

「赤い運命」の歌詞 山口百恵

1976/3/21 リリース
作詞
千家和也
作曲
三木たかし
文字サイズ
よみがな
hidden
だれかがわたしんでいる
ちいさくさびしく そしてなつかしく
まれたときから このむね
どこかでらない こえこえてる

このひろそら あのながぼし
いつかたような がするの

もうひとりのわたし何処どこかにいます
もうひとりのあなたを さがしています

だれかがわたしつめてる
おおきくやさしく そしてあたたかく
どんなにいても かなしみは
わたしなかから えてくれない

このひかり あのながかげ
そばにいたような がするの

もうひとりのわたし何処どこかにいます
もうひとりのあなたを さがしています

もうひとりのわたし何処どこかにいます
もうひとりのあなたを さがしています