「野薔薇」の歌詞 山口百恵

1975/12/5 リリース
作詞
千家和也
作曲
都倉俊一
文字サイズ
よみがな
hidden
野薔薇のばらがいくつかいてます
ふたりがいたあたり
ちょうど今頃いまごろ街角まちかどさむさの
身仕度みじたくをはじめるころでした
わたしこころいつわって
あなたとわかれました
もっとあなたにふさわしい女性じょせい
出来できるならみつけてしかった

あいしてわかれたことを
いまほこりにしてます
あなたにそむいたわたしつみ
ゆるしてください

随分ずいぶん沢山たくさんきました
あなたをしのびながら
そとるのも友達ともだちうのも
しばらくは出来できないほどでした
けがれをらずにれたのは
あなたのおかげでした
もしもあなたにすこしでも迷惑めいわく
かけるのをなによりおそれたの

うれしいうわさくと
わたしのことのようです
あなたにささげたわたしあい
かってください

あいしてわかれたことを
いまほこりにしてます
あなたにそむいたわたしつみ
ゆるしてください