1. 霧雨楼歌詞

「霧雨楼」の歌詞 山口百恵

1978/9/1 リリース
作詞
阿木燿子
作曲
宇崎竜童
文字サイズ
よみがな
hidden
格子戸こうしどしに ぼんやりと
頬杖ほおづえついて おもてをみてます

のぞきこんでく ひと
さびしさだけを さがしているよう

いちゆめ
いちこい

わけいましょうか 幸福こうふく
黄昏時たそがれどき心細こころぼそ
あなたの名前なまえをつぶやいてます

うなじにかかる おく
ゆびでかき溜息ためいきつきます

まどしたには 紫陽花あじさい
絹糸きぬいとなか れていてます

今宵こよいだけの
今宵こよいひと

わけいましょうか 幸福しあわせ

あめ季節きせつ肌寒はださむくて
なみだ一枚いちまい かさします

このかぎ
このまかせ

わけいましょうか かなしみも

霧雨きりさめる こんなよる
べない折鶴おりづる いのつづけます