1. 15才の恋歌詞

「15才の恋」の歌詞 山口百恵

1974/4/21 リリース
作詞
千家和也
作曲
都倉俊一
文字サイズ
よみがな
hidden
夕焼ゆうやけまぶしい 坂道さかみち
石蹴いしけりしながら あるいてた
垣根かきねいてた つる?薔薇ばら
ひとえだつまんで トグした
ハンカチいて 包帯ほうたいまいて
いたくないおまじない してくれた
にいさんみたいな ひとだった
おさなごころに こいだとって
うしろ姿すがたつめてた
あのときわたしは 15さい

あそんでかえりの えきまえ
あまだれかぞえて あまやどり
電信柱でんしんばしらの はねみず
かかとのなかまで しみてきた
おもわずなみだ こぼれたとき
ほほえんで雨傘あまがさを さしかけた
にいさんみたいな ひとだった
おさなごころに こいだとって
むねすきさだと つぶやいた
あのときわたしは 15さい