1. ふたりで歩けば歌詞

「ふたりで歩けば」の歌詞 団地ともお スペシャル ED 山崎あおい

2014/11/19 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
たとえばきみきたくて
それくらいつらいことがあって
どうしてきみかずにわらってるの?

たとえば一言ひとこと「ダメだ」って
ぼくにでもしてしまえば
でもきみは「そうじゃない」って うんだろう?

やさしいうたいて やさしくなったぼく
この気持きもちをいてほしいんだ

きっといつだって ふたりであるけば
こわくなかったでしょ? おもして
これからぼくらの びていっても
はなさないでいよう
ほらきみは あきれてわらうでしょ?
その笑顔えがおきだよ

大人おとなになれとかすように
なんとなく日々ひびながれてく
相変あいかわらずぼくまよっている

適当てきとう言葉ことばきずついて
かることをやめたきみ
つよくなったようなふりをする

ほら夕日ゆうひあか二人ふたりめてる
綺麗きれいなことは えないままで

きっといつまでも ふたりであるけば
こわいものなんて いんだろうけど
これからぼくらは おなそら
ちが大人おとなになるよ
さきのこと ないふりしても
やってくる だからさ

いつからない場所ばしょ
らない二人ふたり出会であっても
いまぼくきみわすれないで

きっといつだって ふたりであるけば
こわくなかったでしょ? おもして
これからぼくらが はなれていっても
いま つないでいる
やさしさを わすれずにいるよ
わらうでしょ? だからさ
その笑顔えがおきだよ