「オモイスゴシ」の歌詞 山崎まさよし

2003/6/25 リリース
作詞
山崎将義
作曲
山崎将義
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくはたかが自分じぶんのことさえままならないのに
いつもついきみおもいのままにしようとしてる
こんなことだといずれだれかにかれそうでドキドキしちゃう

なに特別とくべつ約束やくそくでもできればいいんだけれど
使つかふるされた言葉ことばじゃなぜかさえなくて
こんな調子ちょうしじゃいつかはきみ愛想あいそつかしてしまうかも

欲張よくばりなゆめはいつもこころみだすけれど
いまぼくきみ出来できることは
多分たぶんそんなにむずかしいことじゃないはず

いつもきみとの距離きょりはかってるつもりなんだけど
すべてきみにはわけにしかこえないみたい
いまのままでは二人ふたりなかってしまうかもしれない

臆病おくびょうないつかのぼくまわされてるけど
いまぼくきみきしめたら
多分たぶんちが明日あしたがやってくるはず

こんな気持きもちじゃいつかはきみ三行半みくだりはんきつける

軽薄けいはくだれかのウワサにまどわされてるけれど
いまぼくきみ出来できることは
多分たぶん些細ささいなことでも

臆病おくびょうないつかのぼくはこのさい蹴飛けとばせばいい
いまぼくきみきしめたら
きっと素晴すばらしいときちが明日あした
やってくるはず