「サマエルの記憶」の歌詞 山崎まさよし

2003/6/25 リリース
作詞
山崎将義
作曲
山崎将義
文字サイズ
よみがな
hidden
その吐息といきのずっとおくにしたためた約束やくそくがある
途切とぎきれ れるこえ本音ほんねをうながしている

うそ身勝手みがって理屈りくつたがいをきずつけてても

いとしさとにくしみがざりいながら
二人ふたりってしまう
ときのいたずらでからだけられた
のがれられない孤独こどくわすれるように

都合つごうのいいなみだきみはきれいな理由りゆうをつけて
らずらず れたこころによそきのふくまと

きみのその眼差まなざしがいくら太陽たいようもとめても

どこにも出口でぐちやみかちって
二人ふたりはもつれってゆく
真昼まひるのまぶしいひかりがされた
とおいたみの記憶きおくたよりにして

いとしさとにくしみがざりいながら
二人ふたりってしまう
どこにも出口でぐちやみかちって
二人ふたりはもつれってゆく
真昼まひるのまぶしいひかりがされた
とおいたみの記憶きおくたよりにして