1. ソノラマ歌詞

「ソノラマ」の歌詞 山崎まさよし

1998/12/23 リリース
作詞
山崎将義
作曲
山崎将義
文字サイズ
よみがな
hidden
せかす太陽たいようにたきつけられて
ひそやかな過失かしつ背中せなかがす
せわしい蝉時雨せみしぐれにそそのかされて
れるまえ果実かじつをもぎってしまう

あらわにゆれてる 無邪気むじゃき姿すがた
のあたりにして こころうばわれて

ソノラマ ゆっくりとくるくるまわりだす
あんなかぜにキズつけるはすじゃなかった
こえてくるのは せつないなつのエレジー

りかえすアスファルトのこうがわ
見下みくだしたようにせせらわらうひまわり
あわ恋心こいごころもいだくあこがれも
カルキくさみずなかでふやけてゆく

あらわにめくられる むきしの素肌すはだ
のあたりにして ツバをみほす

ソノラマ ぼんやりとくるくるまわりだす
あんなふうになるとはおもいもしなかった
こえてくるのは はかなないなつのエレジー