1. バス停歌詞

「バス停」の歌詞 山崎まさよし

2006/6/28 リリース
作詞
山崎将義
作曲
山崎将義
文字サイズ
よみがな
hidden
雨上あめあがりの夕暮ゆうぐれに バスをっていた いつものように
子供こどもをしかりつける母親ははおやこえ びた時刻表じこくひょう

なにさかいにいつから大人おとなになったのか おもせないまま
約3分遅やくさんぷんおくれているバスにいらだっている すべてうまくはすすまない

やさしさを打算的ださんてきかんがえるようになったのかな
ぼくもあなたも バスのなかでは はしゃげない

一番奥いちばんおくせきそとていた 頬杖ほおづえついて
いまけずじまいのみせ 工事現場こうじげんば そしてなくなったふる喫茶店きっさてん

まるですべての出来事できごと気付きづかないように バスはぎる
そんなふうにして ぼくはこのさきらしてゆくのかな

人目ひとめにしてしまうから ぼくぼくでなくなってゆく

ひと駅前えきまえりて すこしそとかぜあるこう

やさしさを打算的ださんてきかんがえるようになったのかな
ぼくもあなたも バスのなかでは はしゃげない

ひと駅前えきまえりて すこしそとかぜあるこう