1. 六月の手紙歌詞

「六月の手紙」の歌詞 山崎まさよし

1999/11/26 リリース
作詞
YAMAZAKI MASAYOSHI
作曲
YAMAZAKI MASAYOSHI
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼく部屋へやむかいの家族かぞくしてって
子供こどものはしゃぐこえはもうこえてこない
つい先週せんしゅうのあたまから

あたらしい友達ともだちはちょっと神経質しんけいしつ
とっつきにくいけどはいいやつ
なぜかうみたい

シャツにそでをとおすたびに
ブーツをはきふるすうちに

すこかれてみたりして
すこんだりもして

きみ手紙てがみいている

このまえいの結婚式けっこんしき
スピーチでほんのすこしひんしゅくをった
花嫁はなよめわらわれた

たまにスーツをるたびに
くつずれであしいたくて

すこよろこんだりもして
すこさびしかったりもして

そっちの調子ちょうしはどうですか?

ありきたりな言葉ことばだけれど
それなりにうまくやってるよ

すこまったりもして
すこながされたりもして

とりとめもなく
六月ろくがつそらした
きみ手紙てがみいている