「妖精といた夏」の歌詞 山崎まさよし

1997/1/22 リリース
作詞
山崎将義
作曲
山崎将義
文字サイズ
よみがな
hidden
瓦礫がれきやま妖精ようせいつけた
こわれたテレビであそんでる

無邪気むじゃきこえがどこまでもひびいた
つき一度いちどえないゴミの

わすれかけてるやさしいメロディ
あのひろったオルゴール

おさなむねたしかにおどった
永遠えいえんそらした

たよりないちいさなれたものは
もうここにはかえらない

あのときおなそらなのに オルゴールのおとこえない
あのときおなかぜなのに ぼくらの歌声うたごえはとどかない

縁石えんせきうえせいくらべは
プールからのかえみち

夕日ゆうひににじむなが影法師かげぼうし
アスファルトになるまえみち

すこしずつうしなってゆく
かけがえのないあのころ宝物たからもの

あのときおなそらなのに オルゴールのおとこえない
あのときおなかぜなのに ぼくらの歌声うたごえはとどかない

瓦礫がれきやまはいつしかえた
はこられたゆめあと

妖精ようせいたちつばさをたたんだ ぼくといっしょにかえれなかった
ぼくといっしょにかえれなかった