「晴れた日と月曜日は」の歌詞 山崎まさよし

2001/6/27 リリース
作詞
山崎将義
作曲
山崎将義
文字サイズ
よみがな
hidden
あたらしいブーツはまだなじまなくて れるまで三日さんにちかかりそう
未来みらいをもてあましたこのまちには 昼下ひるさがりのデモがとおりすぎる

今朝けさのすさんだニュースのせいか あまり食欲しょくよくいみたい
どこにもやりのないかなしみをかんがえても 明日あしたにはわすれてしまうのかな

どこまでもずっと 見渡みわたせるれた
たまに自分じぶんのこと 見失みうしないそうで

とおったかぜに くじけながらぼく
とお日曜日にちようび

きみわす言葉ことばみじかさに 後味あとあじわるさをかんじてる
時間じかん距離きょりやさしさどれかひとえらぶのなら なに一番いちばん大切たいせつなの?

ウソみたいなそら くもひとつもくて
きみかたちおもしたいのに

れわたる五月ごがつけそうになるけど
きみとの日曜日にちようび

どこまでもずっと見渡みわたせるれた
たまに自分じぶんのこと 見失みうしないそうで

ウソみたいなそら くもひとつもくて
きみかたちおもしたいのに

れわたる五月ごがつけそうになるけど
きみとの日曜日にちようび