1. 最後の海歌詞

「最後の海」の歌詞 山崎まさよし

2003/6/25 リリース
作詞
山崎将義
作曲
山崎将義
文字サイズ
よみがな
hidden
電車でんしゃいできみうみったのは
なつわりにちかづいたいつかの昼下ひるさがり

踏切ふみきりわたって防波堤ぼうはていがみえてくると
地元じもと子供達こどもたちこえ潮騒しおさいこえてきた

波間なみまれている銀色ぎんいろみち
はるこうのそら とり横切よこぎってゆく

あのとききみなにおうとしてみたんだけれど
わずかないのちがしてるせみこえにじゃまされた

太陽たいようかたむくまできみなみたわむれてた
ほそきみうし姿すがたをテトラポッドからてた

仕事しごとえたふねかえってゆくよ
子供こどもたちのこえもどこかにえてった

あのとき風景ふうけい永遠えいえんのフレームにおさめて
ぼくはただひたすらときまることをねがってた

うみなにわないで 僕達ぼくたち見守みまもっていた