「水のない水槽」の歌詞 山崎まさよし

1998/5/13 リリース
作詞
山崎将義
作曲
山崎将義
文字サイズ
よみがな
hidden
ふゆわるまち
あめしずかにらす
ぼくてるかりは
けそうなまどにゆがむ
サーモスタットは
こわれはじめる
さかなげられる
じれない意識いしき
しめつける記憶きおく
なにもできないまま
みずのない水槽すいそうなかにいる

うすぐら部屋へやなか
ぼく二人ふたりゆれる
しめわすれたドアが
かぜすこひら
あばらのがった
きしむはい
きみぬくもりでしめらせたい
ひびれそうな景色けしき
かわきすぎたかみ
はがれちそうな過去かこ
みずのない水槽すいそうなか二人ふたり

すなにうもれそうな
んだひとみ
きみくちづけでうるおしたい
ふさがれたおもいも
しわがれた言葉ことば
ちそうなはな
みずのない水槽すいそうなか
ぼくらはったまま
明日あしたかげをのばす
いつかのうみてる
みずのない水槽すいそうなか