「砂時計」の歌詞 山崎まさよし

1999/11/26 リリース
作詞
YAMAZAKI MASAYOSHI
作曲
YAMAZAKI MASAYOSHI
文字サイズ
よみがな
hidden
なぜかいかがわしいうわさがみみにつく
きみ軽薄けいはくまちおよぎだす

最後さいご言葉ことばもやりきれない気持きもちも
まだこのおぼえてるのに

まともじゃいられないよ 本当ほんとうのことをるたび
えぐられたきずおもいのほかこころむしばんでく
真綿まわたでじわじわこのくびけられて
屈辱くつじょくにひざまずくさき
よごれていってしまうきみている

なになまめかしい儀式ぎしきのシルエット
得体えたいれないかげきみいてる

れたくちびるのすべる感触かんしょくさえ
まだこのからえてないのに

冷静れいせいじゃいられないよ ガラスごしきみるたび
つきつけられたそのありさまが背骨せぼねける
我慢がまんできないよ いっそのことうしないたいよ
とぎれそうな意識いしきこうに
つみわりを砂時計すなどけい

最後さいご言葉ことばもやりきれない気持きもちも
まだこのおぼえてるのに

まともじゃいられないよ 本当ほんとうのことをるたび
えぐられたきずおもいのほかこころむしばんでく
真綿まわたでじわじわこのくびけられて
屈辱くつじょくにひざまずくさき
よるわりを砂時計すなどけい