「神様も知らない午後」の歌詞 山崎まさよし

2003/6/25 リリース
作詞
山崎将義
作曲
山崎将義
文字サイズ
よみがな
hidden
神様かみさまらない午後ごご エンジンのおとつつまれて
地平線ちへいせんまじわるみち ただみなみへとはしってる

とおいあのきみこえおもして

いまぼくしばってるもの なにひとつほどけたら
この日差ひざしのようにきみすこしはやさしくなれたのかも

イルカのようくもふたってくよ

わずらわしいこと全部ぜんぶるほど
どこまでも自由じゆうじゃないから
ぼくらはせるときなか
一緒いっしょにいられる場所ばしょをずっとさがしてた

さびたレールのうえには高圧線こうあつせんつづいてる
だれかのわした約束やくそく どこかのまちいたろうか

木々きぎらすかぜきみ言葉ことばはこ

ぼくらがずっとさがしてた場所ばしょ
とおそらえてったけど
退屈たいくつ景色けしききみといた
あわせつない日々ひびおしえてくれてる

神様かみさまらない午後ごご
自由じゆう退屈たいくつあいだ
神様かみさまらない午後ごご
みなみへとかってる