「花火」の歌詞 山崎まさよし

2010/9/29 リリース
作詞
山崎将義
作曲
山崎将義
文字サイズ
よみがな
hidden
きらめいた季節きせつわり おもれていました
いてけぼりの約束やくそくが ひりひりとむねみます

きみなみだかららしてまで 夢中むちゅういかけたものは
どこへったのでしょう

ほのかにかんでえてく あのとお場所ばしょ花火はなび
はかないかがやきに永遠えいえんめてゆく
わかいあの間違まちがいも りゆくひとゆめ
しずかにねむりにつくように

おもえばついこないだのはなし だけどいまよりずっとむかし
容赦ようしゃのないなつ日差ひざし じりじりとりつけました

あましていた時間じかんなかで やがてくる未来みらいだけは
うたがいもしなかったけど

映画えいがのエンドロールのように 夜空よぞらうつ花火はなび
ほろにが青春せいしゅんこころよみがえらせる
あいしたひと面影おもかげを そっとむねにしまって
またいつかかえれますように

あざやかにほこり いずれわる花火はなび
よろこびもかなしみもまぶたにけてゆく
わかいあのあやまちも ってったひとゆめ
しずかにねむりにつくように