「8月のクリスマス」の歌詞 山崎まさよし

2005/8/24 リリース
作詞
山崎将義
作曲
山崎将義
文字サイズ
よみがな
hidden
ありふれた出来事できごと
こんなにもいとしくなってる

わずかな時間じかんでも
ただきみのそばにいたかった

あのなつしのぶように
粉雪こなゆきりる
まぬかねのように
きみごした日々ひびやさしくつつんでほしい

ぼく記憶きおくも いつか
とおそらかえってゆくのだろうか

過去かこからの便たよりのように
粉雪こなゆきりて
ガラスふゆあさ
こころめたおもきみとどけてほしい

どれくらいのなみだのこってるだろう
いましずかにじるだけで…

おもかたるように
粉雪こなゆきりる
かなしみにれぬように
微笑ほほえみやさぬように
はめぐり かえれば

たしかにきみがいたあのなつ
たしかにぼくがいた8月はちがつそらした