「HOBO Walking」の歌詞 山崎まさよし

2010/7/28 リリース
作詞
山崎将義
作曲
山崎将義
文字サイズ
よみがな
hidden
やさしくかぜきはじめて ゆっくりまた世界せかいうごした
いまもどこかにただよってるねがいは だれかのもとにとどくだろうか

神様かみさまのアドバイスなんて あまり具体的ぐたいてきじゃないから
大人おとなになってしまったいまもこうして 迷子まいごのようにくしてる

とおとおはなれてるきみてた手紙てがみには
ありきたりのことばかりならべている

たまにつよがってみて すこ意地張いじはってみて
なにかこうしあわせはくもをつかむみたいだけど
うれしくなったりして 不意ふいけてきたりして
なにかそうたしかにあるいてたってこと

自分じぶんつくろ言葉ことばは いくつかはそろえているけど
いざかなしみをたりにしたら まだどうしていいのかわからないみたいだ

にしたモノとうしなったモノがなんだかわからないまま
たりまえのようにあさはまたおとずれる

なぜかこだわったりして きみかせたりして
なにかこう現実げんじつはうまい具合ぐあいにいかないけど
仕方しかたなくれたりして 案外納得あんがいなっとくしたりして
なにかそうここからあるすっていうこと

いつか何処どこからか こえてくるだろう
いにしえのホーボーズブルース
あこがれたことや わすれそうなおも
このむねよみがえるように

たまにつよがってみて すこ意地張いじはってみて
なにかこうしあわせはくもをつかむみたいだけど
うれしくなったりして 不意ふいけてきたりして
なにかそうたしかにあるいてたってこと

なぜかこだわったりして きみかせたりして
なにかこう現実げんじつはうまい具合ぐあいにいかないけど
仕方しかたなくれたりして 案外納得あんがいなっとくしたりして
なにかそうここからあるすっていうこと