「冷たい月」の歌詞 山崎育三郎

2010/6/23 リリース
作詞
IKU
作曲
KEN for SOUL MUSIC, Inc.
文字サイズ
よみがな
hidden
どうして 出逢であったのか
そんなことばかりかんがえて うつむいていた
このこいはきっと わるのだろう

ずっと運命うんめいというもの ただにくんでいた
もうすこはやえたら
きっと2人ふたりで いられたのに

はじめてあいしたひと
こころからそうおもえるときるまで
いまむねにしまうよ
わらないおもきな笑顔えがおつめて

ひとひとまもられて きるものだから
意味いみもなく 自信じしんがあった
だれよりつよまもるんだと

だけどそのはまだ 過去かこつめたまま
わすれないだれかへと のこしたこいをたどる
気付きづいてたよ

はじめてあいしたひと
かなうならいつか そうわれたかった
だけどこの手離てはなすよ
だれかのそばでいい
きな笑顔えがおでいてしい

ゆるされれば もっとそばきしめたい
本当ほんとうめたいよいますぐ
はなしたくない だれにもわたしたくないよ
どうしても えなかった

はじめてあいしたひと
こころからそうおもえるときるまで
ただしあわねがうよ
なみだをこらえた つめたいつき見上みあげて