「星の船」の歌詞 山崎育三郎

2010/6/23 リリース
作詞
高柳恋
作曲
渡辺雄一
文字サイズ
よみがな
hidden
見上みあげた夜空よぞらがもしもかすんでたなら
この両腕りょううで雨雲あまぐもをふりはら

きみといればなんでもできる そんながするんだ
ずっとかくしていたそのちから づいたよ

ほしふねってたびをしようよ
カシオペアへきみれてゆく
なぜいたんだろう さっきわしたキスは
ときながれてもわらない

大事だいじなものほどをすりけてゆくと
さみしいだれかの言葉ことばけて

まぼろしじゃないんだ」とうたうようにくりかえした
両手りょうてきしめた体温たいおんあたたかく

ほしふねうえきみいたら
かさなりおなゆめ
いつかとお未来みらい 沈黙ちんもくおぼれても
今日きょうのキスだけはわすれない

ほしふねってたびをしようよ
カシオペアへきみれてゆく
なぜいたんだろう さっきわしたキスは
ときながれてもわらない