1. ジャングルジム歌詞

「ジャングルジム」の歌詞 山本彩(NMB48)

2013/2/27 リリース
作詞
秋元康
作曲
酒井康男
文字サイズ
よみがな
hidden
よる児童公園じどうこうえん ジャングルジムのうえ
だれてないから スカートでのぼ

どものころたかおもえた
一番いちばん テッペンに腰掛こしかけたけど
そんなにこわかんじないのはわたし大人おとなだから

こいなんか面倒めんどう
いつもの自分じぶんじゃなくなる
もどかしくて
むねのどこかがどよんどよんとあばれている
かれなんかいらないよ
一人ひとりきりでいいんだ
ここに
あのほし
いまもずっととどかない場所ばしょにあるなら…

ちいさなシーソーがみぎかたむいたまま
りてしまったひとおもつづけてる

めぐったときなにはなせず
ねこかぶって大人おとなしいふりした
こんなにきになるなんてとっても意外いがいだった

こいなんか苦手にがてだよ
かなしいかおばかりしている
ただ せつなくて
こんな時間じかんよるかぜたりたくなる
ひんやりとしているよ
しりしたてつぼう
こうしてても
きっと あなたは
ジャングルジムにのぼったことなどわすれてるでしょう

こいなんか面倒めんどう
いつもの自分じぶんじゃなくなる
もどかしくて
むねのどこかがどよんどよんとあばれている
ジャングルジム 一人ひとりきり
仲間外なかまはずれにされたように
はなおく
じんとして
できるならばここからずっとりたくなかった