1. 七夕月(萩の花咲く頃)歌詞

「七夕月(萩の花咲く頃)」の歌詞 山本譲二

1993/9/17 リリース
作詞
星野哲郎
作曲
三島大輔
文字サイズ
よみがな
hidden
あれはまだ にきびざかりの 時代じだいのことだよ
七夕たなばたささ小枝こえだ
ふたりでむすんだ あお短冊たんざく
はや廿にじゅうさいに なりたいね
そしておうよ 東京とうきょう
わした あい[あいことば]
わすれないよ わすれないよ あれは初恋はつこいわすれない
わすれないよ わすれないよ あれはふるさとに
はぎはなころ

きみもまだ おがみだね べにもつけずに
白壁しらかべ土蔵どぞうにして
手玉てだまとってた かみ風船ふうせん
あかいリボンが れるのを
おれはためいき つきながら
夕日ゆうひていた はしうえ
わすれないよ わすれないよ あれは初恋はつこいわすれない
わすれないよ わすれないよ あれはふるさとに
はぎはなころ

えぬまま ときながれて かすむ面影おもかげ
七夕たなばたよるがくるたび
むすんでいのるよ ささ
おれけずに きるから
きみ元気げんきで がんばれよ
あのもどって こないけど
わすれないよ わすれないよ あれは初恋はつこいわすれない
わすれないよ わすれないよ あれはふるさとに
はぎはなころ