「奥州路」の歌詞 山本譲二

1984/8/5 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
りだした にわかあめ
きゅうにおまえが したよで
とうげ茶屋ちゃやの ノレンをくぐり
のどざけ なが
ぬなんて ぬなんて 馬鹿ばかうから
おもわずこのたたいてた
ほおいたみを おぼえているか
きるのぞみを てちゃいないか
たびころもに おもかげけば
きらり はるかに 最上川もがみがわ

石楠花しゃくなげ 紅色べにいろ
ちぎかわした あののおまえ
しろいこよりで 指輪ゆびわをこさえ
子供こどもみたいに けあった
えなくて えなくて わずにいても
れたこころはなさない
世間せけんうわさせていないか
めぐる季節きせつしんじているか
たび荷物にもつは このこいひとつ
おれなぐさせみしぐれ

たびころもに おもかげけば
ふいに 奥州おうしゅう