1. 男の挽歌歌詞

「男の挽歌」の歌詞 山本譲二

2002/2/1 リリース
作詞
琴五郎
作曲
琴五郎
文字サイズ
よみがな
hidden
りだした汽車きしゃふえ 時計とけいはりれば
くもるまどくもるあふれるおも
とおくなる故郷こきょうを せつなくけば
まちあかりまたひとつ えてはかぶ

北風きたかぜ裏通うらどおながれるあの挽歌ばんか
故郷こきょうしのばせる 流行はやりのうた
あたたかいははむね やさしいてのひら
おもすこんなよるなみだにくれる

したはしあめ さえぎるかさもない
さびしさにいどれる 屋台やたいさけ
ひとくるしみや おとこきざまを
なぁ親父おやじ おしえてよ 彷徨さまよおれ

ひとくるしみや おとこきざまを
なぁ親父おやじ おしえてよ 彷徨さまよおれ
彷徨さまよおれ