「きき手」の歌詞 山猿

2011/3/16 リリース
作詞
山猿
作曲
headphone-Bulldog
文字サイズ
よみがな
hidden
親指おやゆびだれかをめるときに 人差ひとざゆび未来みらいらし
中指なかゆびだれかにすものじゃない 薬指くすりゆびはあなたのため
小指こゆびかぞえてくれた魔法まほうは 仲直なかなおりするとき

ひとみなつよくなんかないからかないでよ一人ひとりさびしく
もと皆一みなひとつのやどる ものおそわったはずだ

つよくなりすぎた欲望よくぼう勝手かってに なにかとみだした
でかくせたがる臆病おくびょうやつほど よわいものイジメをかえすんだ

簡単かんたんこと出来できなくへこんでバカにされても
だれかにわらわれたってそんなのにすんな
何回転なんかいころんでも何度なんどきみはこので 今一番光いまいちばんひかってるぜ

きてればそりゃ1つや2つ たくもない他人たにんいたみを
そのときにもしもそのときに あなたのはどうしていますか?

りすること簡単かんたんことで あなたはあとむねいためるでしょう
100あるうちのあなたの1%でも しあわせをけてはみませんか?

簡単かんたんことわかんない世界せかいぼくらはってる なに正解せいかいなのかも
わからずに身近みぢかあいれられた奇跡きせき それだけでも正解せいかいなのかもね

やさしさをりまくことはダサいことじゃないよね? らないりするやつらよりも
100ばいはかっこよくてイカしてるって ぼくはそうおもうんだ

簡単かんたんこと出来できなくへこんでバカにされても
だれかにわらわれたってそんなのにすんな
何回転なんかいころんでも何度なんどきみはこので 今一番光いまいちばんひかってるぜ