「ペルセウス」の歌詞 テガミバチREVERSE ED 山猿

2011/3/16 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ながぼしねがいをはなすなら あの場所ばしょきみとまたつな
幾千いくせんもの間眠あいだねむったままの はなびらのようにいた星桜ほしざくら

がかりな明日あした満足まんぞくげなよるすぐまれわるこころ
期待きたいはずれにいたよろこびは あなたからもらったものでした
ぼくったすぐまたもどれると きみうしろにかくした両手りょうて
えなかったあのときおもいは ありがとうを今君いまきみとどけよう

ながぼしねがいをはなすなら あの場所ばしょきみとまたつな
わすれてきたあのそらモノクロに この手紙てがみでいつかはもとのように
このねがいが永久とわさえむすぶなら あの場所ばしょきみとまためぐり
幾千いくせんもの間眠あいだねむったままの はなびらのようにいた星桜ほしざくら

かぎけたあなたのぬくもりが ふるくなるのこころ
イタズラがしてせたまぼろしは うれしなみだがボカスえぬよう
きみってたんだねもどれぬと きみうしろにかくした両手りょうて
なかにあったあのときおもいは ようとしなかったぼくよわ

ながぼしねがいをはなすなら あの場所ばしょ君達きみたちつな
わすれてきたあのそらモノクロに この手紙てがみでいつかはもとのように
このねがいが永久とわさえむすぶなら あの場所ばしょ君達きみたちとめぐり
幾千いくせんもの間眠あいだねむったままの はなびらのようにいた星桜ほしざくら

ほらね、ありふれたよう日々ひびが あたりまえのようにそばにいたきみ
ずっといれるとおもってたから にもしてなかった、ただそれだけなんだ

時間じかんのぞ場所ばしょもどすなら あの場所ばしょきみとまたつな
むかえにかなしみになみだし えることないいたみにわかれをし
このわかれがまたねとえるが いつかるとねがいこの
モノクロがセピアいろになるころ いつかまたね いつかあの場所ばしょで!