「落陽」の歌詞 山田パンダ

1976/9/1 リリース
作詞
岡本おさみ
作曲
吉田拓郎
文字サイズ
よみがな
hidden
しぼったばかりの夕陽ゆうひあか水平線すいへいせんからもれている
苫小牧発とまこまいはつ仙台行せんだいゆきフェリー
あのじいさんときたら わざわざ見送みおくってくれたよ
おまけにテープをひろってね おんなみたいにさ
みやげにもらったサイコロふたつ なかでふれば
またしにもどたびしずんでゆく

おんなさけよりサイコロきで すってんてんのあのじいさん
あんたこそが正直者しょうじきもの
このくにときたら けるものなどないさ
だからこうしてただようだけ
みやげにもらったサイコロふたつ なかでふれば
またしにもどたびしずんでゆく

サイコロころがしありがねなくし フーテンぐらしのあのじいさん
どこかでおう きていてくれ
ろくでなしのおとこたち ちくずしちまった
おとこはなしかせてよ サイコロころがして
みやげにもらったサイコロふたつ なかでふれば
またしにもどたびしずんでゆく