「ひまわり」の歌詞 山田晃士

1994/2/16 リリース
作詞
山田晃士
作曲
山田晃士
文字サイズ
よみがな
hidden
ひまわりがれている
かぜもなく oh
なにをもうばわずに
いてくれ
まえきしめたとき
ひまわりのにおいがした
おかうえ微笑ほほえ
はなにおいがした
やわらかな陽射ひざしのなか
そのうでねむ午後ごご
正義せいぎという
仮面かめんてた
なさけないくらいに
まえいとしい
かざらない まぶしさで
おれらしておくれ
ひまわりがれている
かぜもなく oh
このままそばにいて
くれないか
ひまわりがれている
かぜもなく oh
なにをもうばわずに
いてくれ

安売やすうりの やさしさを
あちらこちららかして
ひとごとよう
ためいきとす
気持きもちはいたいほど
わかってるさ
はじめから
だけど言葉ことばしいよる
あるだろう
せつないほど
まえいたい
そのやさしい指先ゆびさき
おれせてくれ
ひまわりがれている
きよらかに oh
このままねむらせて
くれないか
ひまわりがれている
きよらかに oh…
なにをもうばわずに
いてくれ oh…