1. 銀の世界に願いを込めて歌詞

「銀の世界に願いを込めて」の歌詞 山田涼介

2013/1/9 リリース
作詞
山田涼介
作曲
森山拓五郎
文字サイズ
よみがな
hidden
さよならえない ゆめみたいな二人ふたり時間じかん
なタワーがあの公園こうえんのベンチからえるんだ

一緒いっしょにいれるかこわれた世界せかい
スノードームみたいに 綺麗きれいはかなぎてく

きだよ ねがめて ぎゅっと
その にぎりかえした瞬間とき
真冬まふゆつめたい夜空よぞらもと
ほら ゆきりて

きっとすぐ またいたくなるから
ぼくはそのねがめながら
いろづくぎん景色けしきとれた
きみのおでこに ゆきにまぎれ そっとキスした

わずかにふるえたくちびる 耳元みみもと
世界せかいぼくしかこえないようなこえつたえてくれた

あの日芽生ひめばえたあいぼく二人ふたり
きっとつよくさせるよ なにがあったとしてもね

きだよ たとえ一人ひとりきりの
そっと見上みあげるふゆそら
あのおなほしかがやきが
きみもとれてく

ひとみじてみたら ほら ずっと
そばきみかんじれた瞬間とき
真冬まふゆつめたい夜空よぞらもと
りはじめた みそうにないゆき このこい

二人ふたりあるふゆ足跡あしあと 一人ひとりじゃないって かる
そんなひとひとつのかさねが よけいにたがいをはなれなくさせる

きだよ ねがめて ぎゅっと
その にぎりかえした瞬間とき
真冬まふゆつめたい夜空よぞらもと
ほら ゆきりて

きっとすぐ またいたくなるから
ぼくはそのねがめながら
いろづくぎん景色けしきとれた
きみのおでこに ゆきにまぎれ そっとキスした