「リセエンヌ」の歌詞 岡崎律子

2004/12/29 リリース
作詞
岡崎律子
作曲
岡崎律子
文字サイズ
よみがな
hidden
教室きょうしつすみに まるで そこにいないみたいに
言葉ことばもなく いきころわたしたの

まどそとには木洩こも
樹々きぎのあいだをれてる
きっと だれもがいま この瞬間とき
むねいっぱいにかんじているんだろう

どんな明日あしたても わたし こわいものはない
だって 今日きょういまきてる
陽射ひざしのなか

かなしみならばこの両手りょうてにいっぱい もういらない
でも ときにはなみだがでるほどのしあわせ

だれもいない放課後ほうかごなが廊下ろうか夕映ゆうば
ふいにあふれる情熱じょうねつがある
はしはしるよ ひかりこうがわ

どんな未来みらいとしても きっと それは私次第わたししだい
たどりついてみせるよ
透明とうめい場所ばしょ

どんな今日きょうだとしても あたらしい日々ひびえてゆく
そして 明日あした希望きぼう
よるそらにも ほしまたた