「卒業恋歌~ソメイヨシノ~~ニッポンの唄 知覧~」の歌詞 岡平健治

2012/3/7 リリース
作詞
岡平健治
作曲
岡平健治
文字サイズ
よみがな
hidden
かなしむのはやめたよ。きみがねきだから。
つめたいかぜやさしい気持きもちにわるから。える人為じんいに。
つけるよろこびや、うしなかなしさや、
このさき未来みらいきしめる勇気ゆうきがあるかわからないよ、はかなくもよわくなる。

季節外きせつはずれのみず雪融ゆきどけていなくなった。
たり一面いちめんめるヒンヤリと・・・
なんともえない気持きもち、はなれたくないんだよ。はなれたくないよ。

嗚呼ああ、、、卒業そつぎょう。。。

さよなら、自我じがやすらぎの場所ばしょあい希望きぼうゆめをくれたつね
弥生やよいつきはなのこつきつねうなりかなしき月夜つきよ

どれだけわかってる?いまきる諸君しょくんだけに、
いのちけてひらいた未来みらい人物じんぶつ学校がっこうまなんだだろう。
現代いまきる僕達ぼくたちが、色褪いろあせたアルバムを
にするまで、わからないこともあるだろうけど、懸命けんめいきるのさ。
ぼくらはまれたときから自然しぜんきになってるはながある。
大好だいすきなあのひとにあげたひとひらの。
いにあいりる。

うつくしき、、、嗚呼ああ 桜花おうか!!!

さよなら、きみいとしきともよ。ともうたったこのまなで。
大空おおぞらったかえらぬよ。このさき未来みらい永久えいきゅうくよ。

きずつけました。かしました。かされました。
そのよわさと、このつらさで、とてもつよくなりました。
くろ暗雲あんうんめるきりなか
あいしました。かんじました。つけました。づきました。
ながまわってひとまわってかんじること
このからげないでことだとおもうんです。

さよなら…