1. 旅立ちの朝~ニッポンの唄 滋賀~歌詞

「旅立ちの朝~ニッポンの唄 滋賀~」の歌詞 岡平健治

2011/5/25 リリース
作詞
岡平健治,平義隆
作曲
岡平健治
文字サイズ
よみがな
hidden
はじめての失恋しつれんいたあせだくの部活ぶかつかえみち
いつだってあの琵琶湖びわこぼくたちを見守みまもってくれた
就職しゅうしょく上京じょうきょうするあさきながら ぼく
わらずにあの琵琶湖びわこぼく見送みおくってくれた…

わたるほどれた
石山寺いしやまでらから見渡みわたせる
したしんだおりの景色けしき
結局けっきょくこの場所ばしょてしまった…

おさなころからそこにある おおきな存在そんざい
まちはなれる最後さいごけばやっぱり真核しんかく
いつかきっと成長せいちょうしてかえってくるからどうかわすれないで…

両親りょうしんだいゲンカしたよる将来しょうらいゆめちかったとき
いつだってあの琵琶湖びわこぼく見守みまもってくれた
わらずにいてください せつねがうよ まれたまちだから
旅立たびだあさわらずに あの琵琶湖びわこはやさしく見送みおくってくれた…

ゆらりゆられて遊覧船ゆうらんせん
南湖なんこまわりをめぐまわっていく

勇気ゆうき愛情あいじょうすすまなきゃいけないよね?
3Fの一番後いちばんうしろのオープンデッキにって
クルクルまわる スクリューの軌跡きせきしろあわえるまでてた…

ぼくかんじるこのこと全部ぜんぶすべてをせてあげるから
かんじるかいこのかぜを やさしいこのかぜ
『「なが」れゆくみずごとのように「いつく」しむかな…』
そのどなかにあるよ おれたちの琵琶湖びわこがある

ぼくかんじる現実げんじつ全部ぜんぶすべてをせてあげるから
かんじるかいこのかぜつめたいこのかぜを…
ながれゆくみずごとのようにいつくしむから
(ながれゆく…のように…)
そのどなかにあるよ ぼくたちの琵琶湖びわこがある
(いつくしむかな…)