「ゆらゆら」の歌詞 岡本真夜

1998/4/29 リリース
作詞
岡本真夜
作曲
岡本真夜
文字サイズ
よみがな
hidden
キスしてほしいような
きしめてほしいような
あなたのそのやさしさに
ゆらゆら れてる

タバコをってるその横顔よこがお
あのひとかさねてしまう

「どうしたの?」って 「なにかあったの?」って
相談そうだんのるよ」って わないで ねぇ

週末しゅうまつの SHOT BAR
あなたに さそわれるままに
てしまった

一人ひとりでいたくなくて
あのひとわすれたくて
あなたのそのやさしさに
ゆらゆら れてる

あなたがせきを はずした瞬間しゅんかん
ケイタイの留守電るすでん いているわたし

なにやってるんだろう バカだな
わったこいいまでもってるなんて

一人ひとりでいたくなくて
あのひとわすれたくて
3杯目ばいめのカクテルに
ゆらゆら れてる

れたゆび うごけないわ わたし
"さびしさをめるこいなんて 本当ほんとうこいじゃない"
わかってるのに…

一人ひとりでいたくなくて
あのひとわすれたくて
あなたのそのやさしさに
ゆらゆら れてる

キスしてほしいような
きしめてほしいような
5杯目はいめのカクテルに
ゆらゆらゆら られながら

あなたをつめながら
あのひとかさねながら
こいちてしまうわ
ゆらゆらゆら ― Tonight