1. サヨナラ歌詞

「サヨナラ」の歌詞 岡本真夜

1997/11/19 リリース
作詞
岡本真夜
作曲
岡本真夜
文字サイズ
よみがな
hidden
わかれの手紙てがみ
あいカギれて
ポストにとした
勝手かってにサヨナラ
めてゴメンね
ゆるしてほしいの
あなたのかおたら
きっとね
いてしまいそうだった
わかれられなかった
ゆめえばうほどに
とおざかる背中せなか つらくて
一緒いっしょにいるのに
すごくさみしかった
その うれしかったコト
その かなしかったコトも
はなせなくなった
はなさなくなってた

表参道おもてさんどう
イルミネーション
今年ことしれない
あふれる恋人こいびとたち
つめたいかぜ
孤独こどくを さそうの
ひとゴミ はぐれないように
いつも
にぎってくれていた
・・・あなたがいとしい
こんなにくぐらいなら
わかれなければ よかった
はずした指輪ゆびわあと
さみしいけど
おもいきり わらっていた
あのころには もどれないの
わたしが このゆめ
てないかぎりには

ほんとは サヨナラを
あなたから
われるのがこわかった
ほんとに きだったから
あどけない あなたの寝顔ねがお
35階さんじゅうごかい夜景やけい
黄昏たそがれうみ
全部ぜんぶ おぼえていたい
後悔こうかいしてはいないの
むすばれる運命うんめいなら
もう一度いちど どこかで
えるとおもうから・・・