「花瓶」の歌詞 岡本真夜

1996/3/16 リリース
作詞
真名杏樹
作曲
岡本真夜
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたとらした
この部屋へやがとてもきでした
かえりをたずに
日暮ひぐれまえにきます

あんなにしがってた
自由じゆうなのにね
ガラスの花瓶かびん ひとつ
つよがりなわたしめるよ

もう二度にどえない
言葉ことばげたから
さよなら さよなら

まどからぼんやり
いつもの坂道さかみち はるゆき
るあの
あなただけがいとしい

たがいにづかないで
つかててた
こいうしないながら
わたしたち大人おとなになるなら

こなごなにくだいて
このむね花瓶かびん
さよなら さよなら

わかれてきみゆめ
つかるのなら
められるはずないよ…
をふせて
つぶやきましたね

粉雪こなゆきかせて
今夜こんや あの花瓶かびん
あなたとわたし
きれいだったこい

もう二度にどえない
言葉ことばげたから
さよなら さよなら