「ポプラ」の歌詞 岡村孝子

1991/7/17 リリース
作詞
岡村孝子
作曲
岡村孝子
文字サイズ
よみがな
hidden
突然とつぜんあめにさらわれた
二人ふたり時計とけい
無口むくちなあなたがつぶやいた
「さようなら」で
心変こころがわり気付きづいていたのよまえから
きみおもうほど ぼくはつよくない」
えた言葉ことば 歩道ほどうてて
ちいさくかすんだ背中せなかつめた
あめにぬれたポプラがゆれている

地下鉄ちかてついそぐラッシュアワー
ほこりにまぎれ
見慣みなれた背中せなかさがしている
かなしいことね
いつのにかいたみがうすれるときまで…
「あなたがいないと とてもさみしいよ」
めた言葉ことば むねいたまま
ちいさくかすんだ昨日きのうまるめた
かぜにゆれるポプラいおりる

ときぎて季節きせつはめぐっていくけど
「あなたがいないと とてもさみしいよ」
めた言葉ことば むねいたまま
ちいさくかすんだ昨日きのうまるめた
かぜにゆれるポプラいおりる

みんなおもうほどだれつよくない
えたこころ そっとあたためて
なにかをくしてきずつけっても
かなしいほどわたしあるいてる