「夏の日の午後」の歌詞 岡村孝子

1986/7/2 リリース
作詞
岡村孝子
作曲
岡村孝子
文字サイズ
よみがな
hidden
まどけて午後ごごかぜ
むせるほどいこんだなつ
ざしが今傾いまかたむくのを
あなたのうでかれつめた
しあわせなんて言葉ことばがあるからそれと気付きづかずに
おもばかりつくるのね …
あなたをいつもちかくにかんじてきたい
それだけがただねがいなのに

やみにゆれるほしかず
けないほどのあつおもいを
むねおくでにぎりしめて
そっとときかさねていきたい
あなたがどんなとおくをつめていてもかまわない
素敵すてきひとわってね …
えなくなってもいつかわたしこころ
あなたのいろめるくらい

あなたがたとえとおくをあるしてもかまわない
わたしなかきている …
あなたの記憶きおくなかのわがままむすめ
かたすみにでも のこしていて