「心の草原」の歌詞 岡村孝子

1990/6/27 リリース
作詞
岡村孝子
作曲
岡村孝子
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆめいかけたひとみのそのおく
うつってる青空あおぞらたしかめるように
はるかがやいた理想りそうおおきさに
すこしずつ気付きづくたびためいきをついた
いつかかなえられるとしんじてる
情熱届じょうねつとど
あふれおも
だれかにつたえて
光降ひかりふりそそぐ こころ草原そうげん
いろづいた ひとすじのかぜきぬけた

むねをすくようなせつないこい
かえきずついてよる見送みおくった
あいがすべてではないとおもうけれど
しあわせをさが気持きもくさずにいたい
みんなえてゆくのね いつの
おもにして
なみだふいたとき
なにかがはじまる

きっとしあわせでいて 大切たいせつ
あなたの笑顔えがお
永遠えいえんつづ
いのりのかなたで
光降ひかりふりそそぐ こころ草原そうげん
すこしずつ すこしずつまえすすみたい

すこしずつ すこしずつまえすすみたい