「海岸通り」の歌詞 岡村孝子

1994/9/14 リリース
作詞
岡村孝子
作曲
岡村孝子
文字サイズ
よみがな
hidden
突然降とつぜんふした夕立ゆうだちのあと
かがやいてたにじとおつめた
素直すなおなきらめきをむねいたまま
とおぎるときなかきてゆけないの
二人ふたりいつかこころはぐれて
もうえなくなる
あののように海岸通かいがんどおくるまとばして
わりのないあつおもかんじていたい
無邪気むじゃきになってやさしくなってつよくなれたら
しんえた二人ふたり昨日きのうにもどるの?

だれかをあいしてもえない気持きも
こころ中持なかもっていると気付きづいた
あのとき ゆるせずにこたえをいそいだ
おさななすぎるあやまちならいつかしてゆく
まよいながらやっとつけた
今帰いまかえ場所ばしょ
あののように 海岸通かいがんどおくるまめて
かぜはこしおかおかんじていたい
ぶつかりあってきずつけあってつよくなるから
しんえる二人ふたり明日あしたとどけて

まよいながらやっとつけた
今帰いまかえ場所ばしょ
あののように海岸通かいがんどおくるまめて
かぜはこしおかおかんじていたい
ぶつかりあってきずつけあってつよくなるから
しんえる二人ふたり明日あしたとどけて
あののように海岸通かいがんどおくるまとばして
しんえる二人ふたり明日あしたかって