「潮の香りの中で」の歌詞 岡村孝子

1986/11/29 リリース
作詞
岡村孝子
作曲
岡村孝子
文字サイズ
よみがな
hidden
しおかおりのなか
二人黙ふたりだまったまま
わかれの気配けはい
かなしい程感ほどかんじて
ゆうかんがえてた言葉ことば
くち出来でき
わたし気持きもらずに
ってしまうのね
こんなにもあなただけ
あいしたのに
きですとえなくて
ごめんなさい
もう二度にどとあなたには
えないから
かってしかった
いまあなたのうし姿すがた
一人ひとりきりで見送みおくったけど
ぬぐれず涙一粒なみだひとつぶ
こんなわたし馬鹿ばか

かぜつめたいから
いているだけなの
本当ほんと誤解ごかいしないで
もう さよなら
そっとめたい
かたきしめたい
いまならうくせに
つよがってみたの
どうしても素直すなおには
なれなかった
わがままなわたしです
ごめんなさい
出来できるならそばにいて
わたしこと
つめてしかった
今港いまみなとえるおかには
うみつめるわすれなぐさ
かぜかれ
らりれてる
まるでわたしのように
今港いまみなとえるおかには
うみつめるわすれなぐさ
かぜかれ
らりれてる
まるでわたしのように