1. 嵐の気分(着替えをもって全裸のままで)歌詞

「嵐の気分(着替えをもって全裸のままで)」の歌詞 岡村靖幸

2007/9/5 リリース
作詞
岡村靖幸
作曲
岡村靖幸
文字サイズ
よみがな
hidden
やさしさより 本音ほんね部分ぶぶんすくわれかんじたい。
めりんだシーツでるときなんでしょっぱいムードにおそわれるの?
あらしようおれ気分きぶん気付きづかれたくない
セミロングにタイトなスーツがなにみょうなペースにさせちまう。

もうゆるされぬのに 心震こころふるわせるよう間接的かんせつてきキッスのようだった
でもさがしてるのに 反省はんせいしてるのにみじめなだけさ

だって なんだかになって 猛烈もうれつにキッスしたいよ
そんで そんで そんで キライなものべて
ほらやっぱり いつだっておれいよ
そんで そんで そんで 着替きがえをもって全裸ぜんらのままで

裸足はだしで どっか 土手どて付近ふきん故郷感ふるさとかんじたい
結論けつろんにいたった経過けいかは なんか 今日きょう言葉ことばつたえられない

うるませるとき かなしんでるのに すくわれぬようなら
あせしてるとき 体験たいけんしてるようにじっとしちゃだめさ

だって なんだかになって 猛烈もうれつにキッスしたいよ
そんで そんで そんで キライなものべて
ほらやっぱり いつだっておれいよ
そんで そんで そんで 着替きがえをもって全裸ぜんらのままで